あの「メゾンカイザー」が新たなスタイルで湘南初出店! テラス席で嬉しい“パン飲み”も!

“パンのある幸せな食卓”をコンセプトに、多くのパン好きを魅了し続けている「メゾンカイザー」が、ついに湘南エリアで初出店! 天才パン職人エリック・カイザー氏と、日本のメゾンカイザーを牽引する木村周一郎氏が共同プロデュースし、新業態として誕生したのが「PanTra BY ERIC KAYSER(パントラ バイ エリックカイザー)」です。

お店は、個性豊かなショップが並ぶ開放的な「湘南ヴィレッジ」内にあります。心地良い風を感じながらプロムナードを歩いていると、白い外観に「PanTra」の文字と可愛いロゴを発見! 白と木目を基調とした明るい店内には、美味しそうなパンがぎっしりと並んでいます。

お店のこだわりや、湘南での暮らしを意識して考案されたメニューの数々、テラス席でパンとお酒が楽しめる「パン飲み」についてなど、ブランドマーケティング部の西夏紀(にし・なつき)さんにお話しを伺いました。

フランスの伝統技術と和の融合が、新たな美味しさを生む!

「PanTra BY ERIC KAYSERのコンセプトは、“本場フランスの伝統技術を用いた日本ならではのパン”です。オリジナルの小麦粉やバターなど、厳選した素材と天然酵母を用いたメゾンカイザーの製法を活かしながら、どこか懐かしさを感じる和の魅力をプラスしています」と西さん。

「パン生地へのこだわりはもちろんですが、中身にもこだわっています。たとえば、カレーパンでは辛さを抑え、具材感を楽しんでもらえるように工夫したり、あんパンでは『日本橋榮太郎』さんの餡子を使用したり、コッペパンは8種の味が楽しめますが、中身にはすべてひと手間かけているので、食感なども楽しんでもらえたら嬉しいです」(西さん)

コッペパンには、自家製さつまいもクリームに“イモけんぴ”をアレンジした「スイートポテト」や、サクサクの衣が特徴の牛肉コロッケをはさんだ「コロッケ」など、パンの魅力を引き出す具材が勢揃い。「コッペパン(プレーン)」もあるので、自分だけの“こだわりコッペ”を作るのも楽しそうです。

さらに、西さんへおすすめメニューをお聞きすると「ぜひ、食べていただきたいのは『グジェール』ですね」と、少し聞きなれない言葉が・・・!

「フランスのブルゴーニュ地方の郷土料理のひとつで、簡単に言うと一口サイズのシューですね。チーズが練りこんでいるものを『グジェール』、お菓子に使われるものを『シュケット』と呼びます。こちらも、クリームチーズに“いぶりがっこ”を入れたり、抹茶クリームに伊予柑の甘露煮を合わせたりと、お酒にもすごく合うと思いますよ」

まさに“フレンチ・ジャパニーズ・ベーカリー”が形になり、見て楽しく食べて美味しい豪華な品揃え。今回、西さんおすすめの「コッペパン」と「グジェール」をいただきましたが、「美味しい~!」「幸せ~!」の言葉が止まりませんでした。

写真映えする可愛さも!

ギフトBOXもあるので手土産にもピッタリ

海でも公園でも食卓でも! 目指すのは、湘南の暮らしに似合うパン

意外にも湘南初出店となる「メゾンカイザー」ですが、新業態にした理由には、湘南という場所が大きく関わっているそうです。

「湘南でも、この辺りは小さなお子様のいるファミリー層が多いので、“子どもと一緒に楽しめるパン”が一つのテーマとしてありました。普段の食卓にはもちろんですが、海や公園で手軽に食べられたり、ホームパーティーにも使えるようなパンを提供したいと思い、新しいスタイルに挑戦することになったんです」(西さん)

そのテーマは、サイズ感にもしっかりと表れています。「コッペパン」は、いわゆる普通サイズではなく、子どもでも片手で食べられる大きさを意識して作られたとか。「ブリオッシュ」や「グジェール」も食べやすい一口サイズになっているので、ちょっとしたパーティーシーンにも最適です。

具材の華やかさが際立つコッペパン

「ブリオッシュ」も食べやすい一口サイズ。全種類コンプリートしてみては?

また、湘南を意識したもう一つのおすすめメニューが、こちらも素材に徹底的にこだわったという「プレミアム食パン」です。
「生クリームとミルクをふんだんに使用していて、柔らかさは抜群です。滑らかな舌触りと弾力性を味わいながら、ほどよい甘さも楽しめます。1斤1,000円(税抜)とお店の中では高価格商品になりますが、お土産や自分へのご褒美にもなる一品。湘南の暮らしには、こんな“本物の美味しさ”がよく似合うと思うんです」と西さんは話します。

すでにファンの方も多いという「プレミアム食パン」は、120食(金土日は30食)の限定で、焼き上がるのは毎日12時〜15時、店頭にて告知しているということですので、焼き立てを狙いたい方は要チェックです。

専用の和紙に包まれた「プレミアム食パン」

毎日心を込めて焼いています

お気に入りのパンとワインで「パン飲み」ができる幸せ

さらにPanTra BY ERIC KAYSERでは、イートインスタイルでも楽しむことができます。それが冒頭でも少し触れた「パン飲み」。お店の外にあるテラス席で、お好きなパンと自然派ワインや自家製レモンサワー、ビールなどが味わえます。休日のブランチやランチはもちろん、ディナーの前にふらっと立ち寄るのもOK! カジュアルなスタイルで、パンとお酒のマリアージュが楽しめる贅沢な空間です。

アルコールのほかにソフトドリンクも!

「チーズプレッツェル」はワインとの相性〇

地元・湘南から、パンのある楽しい生活を届けたい!

実は西さん、生まれも育ちも鎌倉で、特に藤沢・辻堂エリアは学生時代によく訪れていた場所なのだとか。

「入社して6年目になりますが、湘南エリアでの出店は一つの夢でした。地元愛が強いんです(笑)。ようやく夢が叶ったので、一人でも多くのお客様に足を運んでいただき、パンのある楽しい生活をお届けしたいですね」と素敵な笑顔で話してくれました。

そんな西さんは今、新商品の開発にも力を入れているとか。旬の食材はもちろん、湘南ならではの食材を使ったパンを考案中。西さんのアイディアが反映された“湘南愛に溢れたパン”に出会える日は、そう遠くないかも知れません。

LINE

PanTra BY ERIC KAYSER

パリに本店を持ち、世界展開するメゾンカイザーの創設者である天才パン職人“エリック・カイザー”と、日本のメゾンカイザーを牽引する“木村周一郎”が「本場フランスの伝統技術を用いた日本ならではのパン」をコンセプトに共同プロデュースする“フレンチ・ジャパニーズ・ベーカリー”。テラス席では、ベーカリースタンドとしてワインやビール等のお酒も愉しめます。

[営業時間]10:00~21:00
[店舗所在地]テラスモール湘南 湘南ヴィレッジ
[電話番号]0466-86-7688

ショップガイド

人気記事紹介

新着記事